日本の森林の現状

 

私が森林に着目した理由

 

私はECOな住宅を企画する過程で、エネルギーやゴミなど環境問題に関することを広く浅く学びました。

バイオマスを学びだしてから、日本の森林が危機的状況だと知りました。

どういうことかと言いますと、戦後の復興過程で、たくさんの木を伐り、植林をしました。しかし木を育てる過程では、費用がかさむばかりで収益にはなりません。木が育つまで50年以上の歳月を要するからです。そして林業は魅力のない産業になっていきました。

 

戦後植林した木は、利用できる段階に来ていますが、人手が足りないため間伐等の適切な手入れが出来ません。そうすると育った木が密集し、地面に陽が当たらなくなり、表土が流出し易くなってしまいます。俗に『緑の砂漠』と言われる現象が起きています。この状態が行きつく先は、山が根こそぎ崩壊しかねないということです。

私達は、木を切るのはECOではないと思いがちですが、今必要なのは、適切に木を切った上で木を植えていく、自然に近いサイクルを取り戻すことです。森林を守ることで、私達が必要欠くべからざる『酸素』『水』を確保することに繋がると考えます。

 

 

 

森林の役割

 

私たちの生活に必要な木材の供給源であるのは勿論ですが、水源としての機能、生物多様性の保全、景観・リクリエーションと多くの機能を持っています。

近年では地球環境問題からCO2吸収源としての役割・エネルギー源としての役割が加わり、森林への期待は大きくなっています。

 

 

 

森林の可能性

 

従来の林業のスタイルは皆伐(エリアの木をすべて伐採)してから植林するやり方でした。上記したように、このやり方では木が育つまで収入が得られず、生業として成り立たなくなります。

結果として日本の林業は衰退してしまいました。幸いなことに、植林はしっかりしてあり、その木が利用できる段階に育っています。これからの林業は育った木を、一定のサイクルで間伐することで収入を得、残った木を太らせることで付加価値の高い材を生み出すことが可能です。

間伐により空いた空間には、下草が生えたり、広葉樹が自然と侵入したり、新たに植林したりと様々な選択が可能となり持続可能な森林となります。

 

木材は重く体積があるので、運べば運ぶほどコストがかさみます。ですから地産地消型が理想と言えます。先進国の場合、木材の需要は足元にあるので、本来林業や製材業は先進国型の産業なのです。事実ドイツでは木材関連産業(製材機械産業等も含む)が、最大の雇用を産み出しています。そう考えると、やり方次第で日本の林業の将来は明るいと考えなくてはいけませんね。