エコに繋がる整理術

 

日常、わたしたちは整理整頓という言葉を何気なく使っていますが 、実はこの言葉は2つの意味を含んでいます。

 

整理とは処分すること、捨てること、手放すこと。。

整頓とは、元にあった場所・所定の場所に戻すことです。

 

このページではエコに繋がる「整理術」についてお話します。

 

 

整理=処分するとゴミが出ます。。 

 

エコ整理術の例として「ゴミ減量」について考えてみましょう。

 

ゴミを減らすために幾つかの方策があります。

 

・リユース(再使用)する

着ない服を友人に譲る。読まない本をブックオフに売る・・・etc

 

・リサイクル(再資源化)する

資源ゴミとして回収してもらう(紙と布)

 

・生ゴミを肥料にする

生ゴミを焼却するのに大量の熱を必要とします。

我が家では生ゴミを自宅で肥料として処分できるよう

生ゴミ処理機を購入しました。

 

どれも効果があると思いますが・・・究極のゴミ減量対策とは、、

 

・ゴミになりそうなものを買わない!

 

最近そう感じるようになりました。

 

 

 

上手なモノとの付き合い方は整理から

 

モノがあふれる世の中です。モノとどう付き合うか自分のスタイルを持たないと

モノに振り回される生活になってしまいます。

 

まずは不要なモノを捨てることから始めてみてはいかがでしょう。

例えば

・ここ3年着てない服

・修理すれば使えるけど、壊れたまま放置してある家電

・金融機関の景品でもらった食器類

・大学の時使った教科書

・買ってから何年も放置してある本・・・ete

 

どうでしょうか?明らかに要らないモノはあるでしょう。さらに要るように見えて要らないモノ、使えるけど 使わないモノは結構あるのではないでしょうか??

もしあなたが賃貸住宅にお住まいなら、要らないモノを置くスペースに 相当額の家賃を払ってることになります。 持ち家にお住まいの方も、要らないモノを置く収納スペースに莫大な建築費や 固定資産税を払っていることになるのです。

かなりもったいないと私は思います。

 

1度徹底的に整理をしてみてはいかがでしょう?? 大掃除や引越しや模様替えの時が良いチャンスと思います。

 

「そしたら大量のゴミが出るじゃないか!ごみ減量にならない」そう思われる方もいらっしゃると思います。。 その時は確かにその通りですが、その後が違ってきます。

 

徹底して整理をすると、その過程で「何でこんなの買ったのか?」

「買った覚えがないけど…」という反省の想いが湧いてきます。

そして自分のモノに対するスタイルが出来てきます。これは要るけど

これは要らない。必要だけど1つあればよい・・・ete

モノに対する価値判断が出来てくるのです。

この価値判断は買い物の時発揮されます!

 

私の見つけたスタイルは「物語のない買い物はしない!」です。

価値判断が出来てきて、余分なモノは買わなくなりました。。

 

皆さまも自分のスタイルを見つけてみてはいかがですか?

自分の判断基準が出来てくれば、仕事にも人生にも活かせますよ。。